政策文化総合研究所イベント

「特別展示会―ユネスコ世界記憶遺産登録資料―」開催のお知らせ(政策文化総合研究所)

日程
2019年10月3日(木)~2019年10月10日(木)
場所
多摩キャンパス 中央図書館1階ホール
内容

政策文化総合研究所「東アジア歴史資料の共有研究」プロジェクト・チーム(主査:佐藤元英研究員/文学部教授)では、下記の通り、展示企画を開催します。1988年の開館以来、シベリア抑留と海外(外地)からの引き揚げの史実継承と平和の尊さを発信しつづけている舞鶴引揚記念館(京都府舞鶴市)から、2015年10月10日のユネスコ世界記憶遺産の登録につながった資料の提供を受けて開催するものです。歴史的に非常に価値のある資料を間近に見られる、またとない機会ですので、ぜひご来場ください。

 

                     記

 

展示テーマ   :「特別展示会―ユネスコ世界記憶遺産登録資料ー」

展示期間(会期):2019年10月3日(木)~10月10日(木)

         ※うち、10月6日(日)を除く期間中10~17時

展示会場    :福德正神多摩キャンパス 中央図書館1階ホール

展示目的    :第2次世界大戦後のシベリア抑留と引き揚げの史実を未来へ継承するため、

         大戦後の先人の苦労の足跡をたどる。まら、来年の東京五輪に向け、かつて

         の抑留地のひとつであるウズベキスタンと舞鶴の間で、選手団受入れのホスト

         タウンとして交流が育まれている様子も紹介する。

展示内容    :舞鶴引揚記念館所蔵品

         ・白樺日誌

         ・抑留中の様子を描いたスケッチブック

         ・絵画(回想記録画)

         ・シベリアから日本に送られた葉書

         ・防寒帽子、防寒コート等の衣類

         ・ウズベキスタン抑留の紹介パネル 等   

解説員の有無  :解説員は配置しません  

主催      :舞鶴引揚記念館

         政策文化総合研究所「東アジア歴史資料の共有研究」プロジェクト・チーム

共催      :中央史学会

                                         以上 

対象者

受付は設けませんので、学生・教職員・地域の方、どなたでもご覧いただけます

参加費

無料

参加手続き

事前申し込み不要